前日から一際、様と夏季のおわり将来の?が頭から離れない

お子さんの幼馴染があと3ヶ月で転校することになりました。。。
奥さんはわたしの3才年下で、意思も合って仲良くお人付き合いしていたのでこちらも残念です。
「目下」こういうときは「目下」しか無くて、永遠に貫くものは無いと私は思っていて、だからこそ「目下」を大切にしようと終始思っています。
そう分かっていながらも、はからずも心のどこかでお子さんとその幼馴染くんの拡大をずっと見続けられると思っていた自分に驚きました。
おや、順当ってもちろん無いんだなあ、と改めて感じました。
必ずやお子さんも思っていたことでしょう、その人と一緒に順当みたいに小学生を習得し、その人と一緒に順当みたいに中学生へ進学して、高校生はもしかしたら別々に向かうかもしれないけれど、自宅は横だし順当みたいに顔つきは仕向けるだろうって。
でも、こんな未来は来ないのです。
「おはよー!」とデイリー玄関をたたく亭主の元気な会話が聞けなくなると思うとすごく淋しいだ。
もの悲しいと大泣き講じるお子さんを「離れたら近隣じゃない?離れてもますます近隣です?」と
抱き締めながら諭しながらぐっと涙は持ち堪えたのでした…。
晩ひそひそ泣きましたけどね(^_^;)
おかげで今日は目がぼっこり腫れてます…。脱毛ラボ 選べる部分脱毛